事業内容

一般社団法人 日本塗装工業会について

  一般社団法人日本塗装工業会(日塗装)は建設関係の塗装工事に携わる施工業者で構成された全国的な集まりで、 昭和23年4月に任意団体で発足し、昭和34年6月には建設省(現・国土交通省)の認可団体として社団法人に改組した公益法人であり、建設業者の届出団体です。

  現在、会員総数は2,600社余を数え、全国47都道府県に支部組織をもって活動しています。
法的根拠としては、民法第34条で一般社団法人日本塗装工業会の千葉県支部です。
日塗装本部では、塗装に関わる技術・技能の育成、経営の進歩改善、そして、建設塗装工事業の健全な発展と建設文化のたゆまない発展に寄与するために、 幅広い事業活動を行っており、本部の方針を柱に日塗装千葉県支部では独自の活動を行っております。
千葉県支部は昭和41年に設立し、現在会員、準会員あわせて80社余です。

千葉県支部の事業内容

会員各社の事業主及び従業員の技能・技術の向上、並びに経営の安定を図り、全体の地位の向上、又資格の取得に向け、技能振興事業(各種講習会、労働安全衛生大会等)毎年実施している。

千葉県支部の主な活動

千葉県職業能力開発協会による技能検定業務への協力、サポート 国家資格である建築塗装・鋼橋塗装・エポキシ樹脂注入の検定業務に20年余携わる。並びに制度の啓発、受検の勧奨も同時に行っている。
資格の取得に向け各種講習会、向上訓練等を実施。
基幹技能者の養成(本部)、建設塗装学科・実技講習会、鋼橋塗装学科・実技講習会、酸素欠乏・硫化水素危険作業者主任者技能講習、足場組み立て、有機溶剤
戸建住宅リフォームサービスシステム事業を展開(全国規模)
戸建住宅塗替え工事に保証書を発行(本部)
4月〜9月ペインテナンスキャンペーンを展開
ボランティア活動・落書きなくし隊を毎年実施
11月16日をいいいろ塗装の日と制定全国規模で展開。
安全大会を毎年実施

日本塗装工業会 千葉県支部の設立日

昭和41年7月15日

歴代支部長

初代 支部長:出口 省三
第2代 〃  :近藤 雅敬 
第3代 〃  :増田 常次郎
第4代 〃  :上田 伸一
第5代 〃  :奥野 眞一(平成22年6月就任)

今まで行われたボランティア

平成10年に11月16日を「いいいる塗装の日」としそれを記念し、全国47の各都道府県支部において塗装ボランティア活動を行っている。近年は落書きなくし隊ということで、各地で落書き消しのボランティア活動を行っています。地域環境や塗装工に対するイメージアップ等も考えております。

平成10年11月 県立八日市場養護学校の給食棟
平成13年11月 千葉県テクノピラミッド実技場の内外の塗装
平成14年11月 市原市鐙田地下道の壁画制作
平成17年08月 市原市菊間館山道ガード側壁の壁画制作
平成18年08月 美浜大橋下磯辺側サイクリングロードのトンネル内の壁画制作
平成19年10月 椿森陸橋交差点の「ゆうこう通路」「いんない通路」の壁画制作 
平成20年10月 椿森陸橋交差点の「かなめ通路」「つばきもり通路」「つばきもり縦通路」の壁画制作

※平成19年、(一社)日本塗料工業会主催 グッド・ペインティング・カラー落書き防止賞(10回記念に特別に制定)に応募したところ「ゆうこう通路」「いんない通路」の壁画製作で大賞を受賞する。

  • 事務局
  • ペインテナンス
  • らくがきなくし隊
  • 落書き防止賞大賞
  • チームマイナス6%